【アレクサでスマートホームの第一歩】SwitchBotハブミニの使い方を解説

こんにちは。

生産技術者として工場の自動化・効率化を推進しつつ、家の自動化も進めているえいきち(@Eikichi_WLI)です。

今回は、アレクサでスマートホーム化の第一歩を進む記事として、switchbotハブミニの使い方を紹介します。

SwitchBotハブミニの初期設定方法、アレクサとの連携方法、連携の基本操作と困ったことについて解説していきます。

「アレクサってスマートホーム化なんてやったことないよ!」ってあなたや、

「switch botを買ってみようか悩んでいるだよな~!」ってあなたにワクワクする記事を届けますね。

えいきち

switchbotは後付けであるにも関わらず、暮らしの未来を先取りできるデバイス。

中でもハブミニは4000円前後で購入できるので、初めてのスマートホームにピッタリのアイテムです。

SwitchBotってどんなことができるの?

「SwitchBotでスマートホームって何?どんな事ができるの?」

それは、SwitchBot公式のこの動画を見てもらえれば一発でわかります。

→SwitchBot公式動画はこちら

例えば朝。アレクサへの声掛けとともに、自動でエアコンが付く。自動でコーヒーを淹れる。

この動画では、SwitchBotシリーズの商品が多数使われています。

SwitchBotシリーズ

✓SwitchBotカーテンでカーテンを自動開閉

✓SwitchBotボットで、コーヒーのボタンを自動で押す

✓SwitchBotプラグでコーヒーメーカーの電源をON

✓SwitchBotハブミニでエアコンを自動でON/OFF

などなど。

もうね。自動でコーヒーを淹れるとか、ワクワクしますよねw

この中で今回紹介するのはSwitchBotハブミニです。

ハブミニはスマートホームを進めるにあたって、とてもコストパフォーマンスが高い製品です。

セールを除いて、SwitchBotカーテンは9,000円程度するし、SwitchBotボットは4000円程度だけど1か所のボタンのON/OFFしかできない。

一方、SwitchBotハブミニでは、「エアコン」、「テレビ」、「扇風機」などあなたの家の赤外線リモコンで操作する家電を、SwitchBotハブミニに登録することができる。

そして、その登録した赤外線リモコンをSwitchBotアプリから遠隔操作したり、アレクサを通して同時操作が可能にとなる。

例えば。こんなことができます。

具体例

「電球」、「エアコン」、「テレビ」の赤外線リモコンを登録。

⇒アレクサにおやすみと言う

⇒テレビが消え、電気が消え、エアコンがOFFになる。

寝室で寝ながら話かけるだけで、照明やテレビを消せる。

もう照明やテレビを消すのに、あなたは動く必要はありません。

ダメ人間まっしぐらなアイテムですw

SwitchBotハブミニで初期設定をする方法

では実際にエアコンを例にSwitchBotハブミニの初期設定方法を紹介します。

SwitchBotハブミニを紹介

商品一式はこんな感じです。

本体とケーブルとクイックスタート用取説のみ。

iPhoneと同様に、詳しい解説は公式HPなどから取ってくる必要があります。

初期設定およびエアコンの登録手順【スマホ編】

それでは、スマホを使用しての初期設定方法と、例としてエアコンのリモコンを登録する手順を解説します。

①以下の動画を参考に初期設定する。

ポイント

✓セットアップ動画のように近くに置くこと

✓2.4GHz接続で設定すること

✓登録の際に必要な”メールアドレス”と”パスワード”はアレクサと連携するためにすぐに使うので覚えておくこと

②SwitchBotのスマホアプリ(無料)をダウンロードする。

SwitchBot
SwitchBot
posted withアプリーチ
 
 
③ホーム画面の右上の+をおす。

④”赤外線リモコン”を選択肢、エアコンをおす。

⑤今回使用する”ハブミニ”をおす。

⑥「リモコンの追加前注意事項」をよく読んで”スマートラーニングをはじめる”をおす。

⑦画面の指示に従い、リモコンの任意のボタンをSwitchBotハブミニに向けておす。

⑧提示されるリモコンで操作ができるか実際にテストし、家電が正常に反応すれば保存をおす。

※ここで上手くいかない場合は、家電の品番から検索するか、リモコンの別ボタンを使って再登録する必要があります。

⑨デバイス名を入力し保存をおす。(デバイス名は後から変更可能です)

これで完了です。

SwitchBotアプリのホーム画面でデバイスが登録されました。

えいきち

ちなみに、①で紹介した動画で説明がある、インジケータの光を消す方法は地味に役立ちました。

インジケータの光は夜の暗い部屋だと結構まぶしいので。

アレクサとSwitchBotハブミニとの連携方法【スマホ編】

次にアレクサとSwitchBotハブミニの連携方法を解説します。

サクっと進めていきます。

①Amazon Alexaアプリの右下”その他”⇒”スキル・ゲーム”をおす。

②SwitchBotを検索し”有効にして使用する”をおす。

③SwitchBotアカウントのメールアドレス・パスワードを入力して連携する。

④リンクが完了したら、画面下の”端末の検出”をおす。

これで、SwitchBotで登録した家電をアレクサを通して操作可能になります。

アレクサで発言する家電名の変更方法をついでに載せておきます。

⑤”デバイス”⇒”サーモスタット”をおす。(エアコンの場合”サーモスタット”に分類されています。)

⑥登録した”エアコン”を選択し、右上の歯車マークをおす。

⑦名前を編集から、任意の名前を入力する。

※例えば、エアコンに”ポチ”という名前を付けると、アレクサには”ポチをつけて”でエアコンが起動します。

以上です。

アレクサでの家電の基本操作と困ったこと

最後に、アレクサを通してSwitchBotで登録したリモコンを使用するフレーズ群をお伝えします。

と言っても、公式HPに纏めてあるのでこちらを見てください。

この中で、1点困ったことがあります。

テレビがついていない場合に、「アレクサ、テレビを消して」と言うとテレビが付きます。

逆に、テレビがついている時に、「アレクサ、テレビ付けて」と言うとテレビが消えます。

おそらく、この理由は、テレビのリモコンはONとOFFを1つの電源ボタンで操作しているから。

なので、言葉で消してと言おうが、付けてと言おうが、電源ボタンが押されてしまう。

一方、エアコンのリモコンだとOFFボタンが独立してある。

だからエアコンがついていない場合に、「アレクサ、エアコンを消して」と言っても、エアコンは消えたまま。

何か改善できる良い方法が無いかなぁなんて考え中なので、解決できている方は是非教えてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、SwitchBotハブミニについて、そしてアレクサとの連携方法について解説してきました。

動きたくないパパ

アレクサ、エアコン消して

僕は、この瞬間。アレクサが本当の友達になりましたw

実際に体感してみてください。

ちなみに、SwitchBotには”シーン”という機能があって、もう少し細かく条件に応じた自動制御が可能です。

ここについては、別途解説記事を挙げようと思います。

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

それでは、今日もコツコツ楽しんでていきましょう。

最後に、アレクサを活用した関連記事を挙げておきますので、良ければ読んでみてください。

【これから帰ります】IFTTTを使ってLINE連絡を自動化する方法

2021-06-20

【君は最高のヒーローさ!】子育てにおけるアレクサ活用術8選

2021-03-26






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。