【無料で5000円ゲット】おトクな取引所キャンペーンまとめ

【1世帯約7000円/年の節約】楽天ふるさと納税を使いたい3つの理由

こんにちは。えいきち(@Eikichi_WLI)です。

 

「ふるさと納税を利用したいけど、手続きがめんどくさそう。

楽天ふるさと納税をよく聞くけど、他のサービスと比べて実際どう?」

 

ふるさと納税の手続きって超簡単ですし、実はちょっとした固定費削減の効果もあります。

そこで、楽天ふるさと納税がおすすめな3つの理由、楽天ふるさと納税を始める前に知っておきたいこと、1世帯あたり年間7000円を節約する方法をお伝えします。

 

【使わないと損】楽天ふるさと納税がおすすめな3つの理由

楽天ふるさと納税は実質負担が無料になる

ふるさと納税は、通常だと実質負担金が2000円かかります。

しかし、楽天ふるさと納税を賢く活用すれば、実質負担金は無料になります。

 

なぜなら、楽天ふるさと納税を楽天カードで購入すると楽天ポイントが付与されるため。

楽天経済圏の使用度合い、年収による限度額にもよりますが、楽天のお買い物キャンペーンを使うとポイントが溜まりやすいです。

 

おすすめのキャンペーン

①毎月5と0の付く日 楽天カードご利用でポイント5倍

②お買い物マラソン(日程不明)

 

お買い物マラソンは1,2ヶ月に一度は開催されているように思います。

ふるさと納税の寄付先毎でポイントが増えますので、かなり簡単に溜まります。

初期10000円で3%還元スタートで、どの程度で2000ポイントゲットできるかシミュレーションしたのがこちら。

 

①10000円×3%=300ポイント

②10000円×4%=400ポイント

③10000円×5%=500ポイント

④10000円×6%=600ポイント

 

このとおり、4万円使って1800円分のポイントが溜まります。

3%スタートでこの溜まり方なので、楽天経済圏な方は更に簡単に元が取れます。

 

えいきち

あっという間に2000円取り戻せます!

忘れずに、キャンペーンへエントリーしてからふるさと納税を購入してくださいね!

 

 

楽天カードをもっていれば新たな登録不要!

あなたは楽天会員で楽天カードを持っていますか?

この質問がYESなら、新たな登録は一切不要です。

 

すでに登録しているアカウントのまま、名前も住所も使えます。

例えば、ふるなびでは登録が必要で、ふるさとチョイスでは楽天やAmazonとアカウント連携できるものの、ポイント還元がありません。

 

楽天ふるさと納税なら、買い物の手続きも楽天市場と同じです。

いつものような購入画面で、楽天市場のネットショッピング感覚で楽しめます。 

えいきち

気軽に始められるのが楽ちんです!

 

【掲載自治体数が第2位】品揃えが豊富である

楽天ふるさと納税は品揃えが豊富です。

掲載自治体数は以下のとおりです。

 

1位 1,788自治体 ふるさとチョイス
2位 1,318自治体 楽天ふるさと納税
3位 1,018自治体 さとふる

※2021年10月調べ

 

1位では無いものの、楽天ふるさと納税は2位の自治体数。

返礼品を楽しみたいなら楽天で十分です。

 

楽天ふるさと納税をする前に確認しておきたい3つのこと

寄付先を5自治体以内にしてワンストップ特例制度を利用しよう

基本5自治体以内にしてワンストップ特例の範囲内で行うのが良いと思います。

 

手続きのめんどくささ

✓ワンストップ特例制度 ⇒ 送られてくるA4用紙1枚に記入し、ポストにポイ!10分で完了😊

✓確定申告       ⇒ 資料作成に1,2時間。税務署に行く必要あり😓

 

かんたんシミュレーターで寄付上限額を把握しよう

かんたんシミューレーターで寄附上限額を把握しておきましょう。

 

表示される金額はあくまで目安です。

より正確な金額を知りたい場合は、税理士などにご確認ください。

もっと上限ギリギリを攻めたい場合は、詳細シミュレーションを行いましょう。

 

本人連絡先の住所・氏名を住民票の情報に統一しよう

本人連絡先の住所・氏名を住民票の情報へ統一しましょう。

住民票に記載されている氏名・住所が、注文者情報に正しく登録されていないと、税金控除で正しく控除できないかもしれません。

詳しくは楽天のページをご覧ください。

 

1世帯あたり年間約7000円の節約をする方法

1世帯あたり年間7000円を節約する方法は、結論ティッシュペーパーとトイレットペーパーをふるさと納税で頼むことです。

 

政府の家計調査によると、1世帯あたりティシュペーパーとトイレットペーパーは、約600円/月、つまり年間で約7000円かかっています。

これをふるさと納税で1年分頼んでしまうだけ。

 

例えば、静岡県富士宮市だとトイレットペーパーティッシュも購入可能。

その後1年間は一切買う必要無しです!

 

えいきち

デメリットは、家の置き場がある程度必要なことです。

 

【ふるさと納税失敗談】確定申告をしたのに損をしかけた話

一度ワンストップ特例の申し込みが受理されたとしても、その後に確定申告をする場合、ふるさと納税も確定申告が必要になります。

僕は、これを知らずに面倒になりました。

 

①ふるさと納税で寄附をした後、ワンストップ特例制度を申し込み、受理された。

②妻が出産をしていたため、etaxで医療費控除の確定申告を作成し、受理された。

③後日、市役所から電話があり、申告済みのふるさと納税のワンストップ特例分がキャンセルされた。

 

結局、④更正の請求という形で、再度eTaxでふるさと納税に関する書類を作成して、税務署に持っていきました。

一度ワンストップ特例制度を利用して申請した場合、その後に何らかで確定申告が必要な場合はふるさと納税の確定申告をする必要があるようです。

 

えいきち

奥さんが出産時の医療費控除や、育休時の配偶者控除を忘れずに!

 

最後に

楽天ポイントカードのSPUポイントによっては、実質無料で使えるふるさと納税。

翌年1月10日がワンストップ特例制度の締め切りです。

余裕をもって11月末くらいまでには、申し込んでおきたいですね。

 

ではまた!

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

 

※本記事は投資助言ではありません。投資はご自身の責任でご判断ください。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です