海外取引所Binanceの口座開設ガイド【CEOは超天才】

こんにちは。えいきち(@Eikichi_WLI)です。 

 

今回は、今まで海外取引所に登録したことが無い暗号資産初心者に向けて、Binanceへの口座開設について優しく解説します。

Binanceは日本語対応をしていて、使い勝手も良いため、日本人にとってもユーザーフレンドリーなサイトになっています。

 

Binance初心者

え〜〜。とはいえ、本当に大丈夫?個人情報がばらまかれたりしそう。。。。

 

確かに、全く知らない状態だと、最初は不安に感じますよね。

僕も慎重派なので、初めは不安に感じていました。

 

そこで、前半部分でBinanceの取引所の実績やCEOがどんな人か、ざっくりと内容をまとめました。

これを読むと「Binanceって初めて聞いたけど超有名企業なんだ」って理解してもらえるはず。

なので、前半部分で安心してもらって、後半の口座開設パートへ移ってもらえればと思います。

 

ただ、「とりあえず、口座開設がしたいんだ!早く教えてくれ!」ってあなたは、前半パートを飛ばしてもらえればOKです。

口座開設もあっという間に5分でできますよ。

海外取引所Binanceとは?

それでは、海外取引所のBinanceについて、概要を解説します。

 

取引所が発行しているコイン(BNB)の時価総額は8兆円

こちらは、暗号資産全ての時価総額ランキングです。

 

coinmarketcapより引用

 

BinanceのコインBNBは暗号資産の時価総額ランキング4位であり、時価総額8兆円です。

時価総額の規模としては、KDDIやソフトバンクグループのレベル。

この情報だけで、今まで聞いたことが無かったけど、実は世界トップクラスなんだなって思ってもらえたかと思います。

 

ちなみに、1日の取引高も一番右側に書いてあって、なんと1700億円。

手数料収入を考えただけでも、相当儲かっている会社ですね。

 

CEOのCZは天才経営者

ソフトバンクグループの孫社長を誰もが知っているとおり、BinanceのCEOも世界的には有名な方です。

 

CEOはChangpeng Zhao(CZと表記されることが多い)。

マジで天才です。

※twitterのリンク

 

2020年には、米ブルームバーグが選出する「Bloomberg 50(2020年版)」で、最も影響力ある世界のリーダーTOP50に選ばれました。

たまたまですが、孫正義氏も2020年に選ばれているようです。

 

さらにですよ。

CZ氏がBinanceを設立したのは、なんと2017年とのことです。

会社を設立して、たった4,5年でソフトバンクグループと同レベルまで会社を成長させたのがCZ。

 

魔法ですかね!?

いったい何がどうなって、今に至ったのか想像できません。

ただ、暗号資産界隈の情報を集めるなら、必然的にキーパーソンとして追いかけるべき人だと思っています。

 

【激安】独自ブロックチェーンの手数料が数10円である

そして、ユーザーにとってもメリットがあります。

独自ブロックチェーンの手数料が安いんですよね。

 

Binanceの経済圏として、独自ブロックチェーン(BNBチェーン)が作られています。

このBNBチェーンの特徴は手数料(ガス代)が安い。

例えば、イーサリアムと比較してみましょう。

 

ブロックチェーンの1回の取引手数料

✓BNBチェーン ⇒ 数10円

✓イーサリアムブロックチェーン(ERC20) ⇒ 5000円〜1万円

 

イーサリアムのブロックチェーンも改善には進んでいます。

しかし、現状はこれだけの差があります。

 

例えば1000円の取引をしようとすると、どうなるでしょうか。

Binanceだと数10円で済みます。

しかし、イーサリアムだと5000円〜1万円かかります。

まさに、初心者で小額で投資をするのにBinanceは向いています。

 

日本ユーザーに対する懸念点は将来の機能制限

ということで、Binanceのメリットを挙げてきましたが、デメリットもあります。

それは、日本人ユーザーの機能が制限されるかもしれないことです。

 

まず、実はBinanceは2021年に金融庁から警告を受けています。

「え?日本人ユーザーが使っても大丈夫なの?」と疑問に思いますよね。

 

結論、ユーザーが使う分には問題はありません。

なぜなら、金融庁から警告を受けているのはバイナンス側であり、私たちユーザーに向けたものではないためです。

 

「警告を受けているから一切ダメだ!」というわけではなく、暗号資産の業界全体の規制が現状に追いついていないのも課題です。

そして、CZ氏は各国の警告を無視するわけでは無く、これまで様々な国と協力して課題を解決していく姿勢を見せています。

 

そのため、今すぐ使えなくなるってことは一切無いものの、将来的に規制に合わせざるを得ないとなった場合には、日本人ユーザーの機能が制限されることもあり得ます。

これはBinanceのリスクかと思いますが、海外取引所は結局似たようなリスクを持っているため、それならCZを追いかけていこうと思っています。

 

Binanceの口座開設方法

では、Binanceの口座開設方法を、公式HP頼りながら紹介していきます。

公式が手順は丁寧に写真を交えて解説しているので、この記事では補足的に説明します。

 

ちなみに、他のブログで本人確認(KYC)不要と書かれているページもありました。

昔はKYC不要で出来たそうですが、暗号資産は国をまたいで簡単に送金できるがゆえに、マネーロンダリングを防止する動きが活発化しています。

その流れでBinanceも本人確認が必要となりましたので、一緒にやってしまいましょう!

 

【5分でできる】口座開設をする方法

①BinanceのHPへ進む。

⇒Binanceはこちら

 

なお、海外取引所や海外DEXは、表ページだけすり替えられる詐欺サイトも多いようです。

そのため、海外の暗号資産界隈はお気に入りからのサイト訪問が鉄則です。

Binanceもお気に入り登録をしておいてくださいね。

 

公式FAQに従い登録する。

あっという間に、開設は完了です。

 

Google認証(2段階認証)を有効にする方法

さて、次は公式推奨のGoogle認証を有効にする方法を紹介します。

 

①モバイル端末でGoogleの Authenticator (無料)をダウンロードする。

Google Authenticator
Google Authenticator
posted withアプリーチ

 

公式FAQに従い、2段階認証を登録する。

 

1点補足です。

Authenticatorを使うので、安全になる反面リスクもあります。

それは、携帯電話の紛失・故障などにより、Google Authenticatorを復旧できなくなること。

 

携帯紛失し復旧できなければ、資産を引き出せないリスクが生まれます。

そのため、バックアップキーは銀行通帳くらい大切に保管お願いします。

 

本人確認【KYC】を行う方法

これも公式が丁寧なので、これを見ながらやっていきましょう。

用意するのは”運転免許証”です。

 

公式FAQに従い、本人確認を行う

 

以上ですw

なお、本人確認はVerified(認証)と、Verified plus (認証プラス)の2種類あります。

これについては、VerifiedのみでOK。

 

次は国内からBinanceへの送金方法を解説

さて、DeFi記事が後半にさしかかってきました。

 

次回は、国内からBinanceへの送金方法について写真を交えつつ解説します。

なお、Binanceへ送金するにはBTCでは無く、XRPが手数料が安くおすすめ。

このあたりを解説したいと思います。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。