仮想通貨ICPの買い方をやさしく解説【コスパよし!初心者OK!】

こんにちは。えいきち(@Eikichi_WLI)です。 

 

ICPの買い方がわからない。。。

みんな、どこで手に入れてるの?

 

2022年6月現在、ICPは国内取引所で取り扱っていません。

なので、海外の取引所Binanceを経由して購入するのがおすすめです。

 

ここで知っておいて欲しいのが、Binanceへ入金してICPを購入するまでの道のりが複数あるため、ルートを変えるだけで手数料が数千円になるか、数十円になるかが変わること。

国内取引所だけでも、入金手数料、取引手数料、送金手数料と細かな手数料が多いため、初見だとどのルートがお得なのかわかりづらいんですよね。

 

そこで、この記事で手数料が安くコスパが良いルートのICP購入方法を紹介します。

読んですぐはよくわからないかもですが、今後色々な仮想通貨取引所を使っているうちに「あっ、確かにこのルートはお得なルートだったわ」って思ってもらえるはず。

 

ぜひ、記事を読みながらICP購入まで試してみてくださいね。

 

Step1 国内取引所&Binanceで口座開設しよう

まずはStep1。

国内仮想通貨取引所と海外仮想通貨取引所Binanceでそれぞれ開設しよう。

 

おすすめの国内取引所2つ

 

おすすめ第1位はbitbank。

マイナス手数料といって、手数料を払うのでは無く、なんと貰えます。

 

ただ、bitFlyerは総合力は高いので、どちらも登録しておいて損はありません。

両方ともオンラインで申し込みが完結するので、ついでに登録しておくと後々楽ですよ。

 

おすすめの海外取引所

⇒Binanceで口座開設する

 

Binanceは海外で最も有名な取引所で、日本語対応もしています。

Binanceを登録しておけば、間違いありません。

 

しかし、海外の取引所が初めてで不安な方もいるかと思いますので、Binanceがどのような取引所なのかや、口座開設の具体的な方法については、次記事を参考にしてください。

 

Step2 国内取引所でXRPを購入してBinanceへ送金しよう

取引所が開設できたら、Step2。

国内取引所でXRPを購入してBinanceへ送金しよう。

 

実は、Binanceで直接暗号資産を購入すると手数料が2%かかります。

なので、国内取引所からBinanceへ暗号資産を送金して、それをICPへ交換する方がお得です。

 

bitbankとbitFlyerそれぞれで購入&送金方法はこちらからどうぞ。

XRPは国際送金に向いている暗号資産のため、送金手数料も非常に安いですよ。

 

Step3 BinanceでXRPをICPに交換しよう

BinanceへXRPを入金できたら、いよいよStep3。

XRPをICPに交換しよう。

 

交換する方法は2通りありますが、現物取引(Spot Trade)がいいでしょう。

ただし、現物取引のペアは予め決まっていますので、XRP⇒ICPへ直接トレードはできません。

 

ルートとしては、「XRP⇒BUSD⇒ICP」とBUSDを経由しつつトレードして、ICPを手に入れましょう。

BUSDはドル$に連動するステーブルコインで、ICPやXRPとの流動性が高く、通貨交換をしや換がしやすいです。

以下記事の項目 ”【初級以上】SpotでBNBを買ってみよう”では、XRPからBNBへの交換を紹介していますが、同じ方法でまずは”XRP⇒BUSD”、そして”BUSD⇒ICP”へ交換すればOK。

 

Step4 Plug ウォレットを新規登録してICPを送金しよう

無事に、ICPを入手できましたでしょうか?

では、最後のStep4。

ICPの取り扱いが可能なPlugウォレットを新規登録してICPを送金しよう。

 

PlugウォレットはMetaMaskのようなChrome拡張型で、ICP初心者におすすめなウォレット。

ICPのNFTやDeFiを楽しむために必須なので、こちらから登録をどうぞ。

 

えいきち

というわけで、ICPへようこそです。

ICPが楽しくなる関連記事を貼っておきますね。