【プレパパ向け!】初めての子育てが楽しくなる本8選

こんにちは。

育休取得経験のある2児のパパ、えいきち(@Eikichi_WLI)です。

初めてのパパ、特にプレパパ~3歳程度の子どもを持つパパさんへ。

このような子育て本を探していませんか?

 

✓プレパパに役立つ子育て本を知りたい!

夫婦2人で読むのにオススメな子育て本を知りたい!

そもそも子育て本って読むべき?読むメリットって何?

 

僕は、今まで育児本を40冊以上読んできました。

「どうやって抱っこしたらいいの~」という基本。

「どうやったら、もっと寝てくれるの~」という切実な悩み。

「0歳児が離乳食でご飯を全力で捨てまくるんだけど。。。。叱っていいの?」という教育的な疑問。

今まで経験したことが無い子育てに対して、子育て本でたくさん救われました。

そこで、この記事では、特にプレパパ向けにおすすめな本を8冊厳選。

マンガ本、仕事と子育ての両立を目指したいパパ向け本、夫婦で読みたい本など幅広く紹介します。

 

【プレパパ向け】初めての子育てが楽しくなる本8選

【マインドセット】コウノドリ

 

出産は病気ではない。だから患者も家族も安全だと思い込んでいる。その小さな命が助かることもあれば、助からない時もある。100%安全などあり得ない。

コウノドリ(1) 作品紹介より抜粋

既にドラマ化もされていて有名な漫画。

僕は、3年前に嫁が1人目の子どもを妊娠中に読みました。

本書には、妊娠中の夫婦にとって怖い内容も沢山あるが、

読んだからこそ子育てに真剣になれた。父親になる実感が湧いた。

プレパパにオススメしたい1冊!

 

【マインドセット】子どもが育つ魔法の言葉

日本でも120万部を超えるベストセラーとなった子育てのバイブル。

本書にある、詩「子は親の鏡」は何回も読みたい内容。

具体例も多く盛り込まれていて、非常に読みやすいですよ。

 

【育児スキルの取得、育休&夫婦のあり方】新しいパパの教科書

NPO法人ファザーリング・ジャパンが著書の本。

ファザーリング・ジャパンは、「子どもが生まれ、父親になったら、仕事も育児も両立しながら楽しんで生きていきたい」の考え方を推奨し、

子育てパパを応援しています。

本書は、2013年と7年前に発売されたにも関わらず、

現在(2020年)、育児に力を入れたいパパにとっても非常に役立つ「教科書」的な本。

「子育ての基礎知識、育児・家事のテクニック、パパとしてのワークライフバランス、育休のススメ」など、

プレパパが気になることは全て載っています。

その分ハードルは高いので100点を目指さず、出来るところから行動するのがオススメ。

ちなみに、ファザーリング・ジャパン設立者である安藤 哲也さんの本はこちらもあります。

 

パパ1年生

内容は似ているものの、本書の方がハウツーに力が入っている。

一部漫画で描かれている箇所もあり、文章も読みやすい。

NPO法人ファザーリング・ジャパンに興味があれば、2冊目としてオススメする1冊。

 

【パパも共感が欲しいよ】ヨチヨチ父 とまどう日々

育児本で、特に共感本は基本的にママ向けの本が多い。

そんな中、本書はパパ向けな共感本であり、貴重な1冊。

著者は、ヨシタケシンスケさんで、大人が読んでも面白いユニークな絵本を書かれています。

そんなヨシタケさんの目線だからこそ、クスっと笑える内容になっています。

 

【夫婦で読もう】赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド

 

本書は、赤ちゃんのねんねトレーニング(ねんトレ)のための本。

ねんトレは本当に大事です。

なぜなら、赤ちゃんとの生活で大切なのは”寝てくれるかどうか”で、親(特にママ)のしんどさが全然違うため。

夜中1回起きるか、2回起きるかでしんどさが大きく違う。

本書には、0ヶ月からねんトレに役立つ内容が載っています。

僕は一人目の娘が0ヶ月~2歳程度まで、何度も読み返しては実践しました。

本書のおかげか、夜泣きもあまり無く過ごせましたよ。

 

【夫婦で読もう】ママ ひとりでするのを手伝ってね

本書は、モンテッソーリ教育の第一人者である相良敦子さんの本。

タイトルにママとありますが、モンテッソーリを知らないパパにも是非読んでもらいたい1冊。

「モンテッソーリ教育には興味無いよ!」って人もちょっと待って!

世界的会社GAFAのうち、3社の創始者には「モンテッソーリ教育」という共通点があります。

モンテッソーリ教育本には、0~6歳の子どもの思考・行動にどういう特徴があるのか、とても大切なヒントが詰まっています。

なので、本書はこのようなメリットに繋がります。

  • 1才くらいの子どものイタズラを冷静に観察できる
  • 2才の子どもの強いこだわり・イヤイヤの理由の理解に繋がる

子どもって自分の考えを論理的に伝えることができません。

だからこそ、論理的に教えてくれるモンテッソーリ本は、パパにも役立ちますよ。

 

【夫婦で読もう】マンガで読む 育児のお悩み解決BOOK

本書は100%ママ向けの共感本ですが、

僕が振り返っても、「あったあった!子育てのコレしんどかった~!」って共感が止まらないし、

ママ向けに書いてあるからこそ、パパがママの気持ちを共感するヒントに繋がる。

更に、共感本でありながら、悩みの解決に繋がります。

著者のフクチマミさんの本は他の本も読みましたが、

とってもわかりやすく、楽しくまとめられていますよ。

 

【子育ての目標は自立】幸せになる勇気

本書は、超有名ベストセラーの「嫌われる勇気」の続編

アドラー心理学を学べる本なので、一見子育てと関係無さそうではあるものの、

実は、アドラーにとって教育は最大の希望だったのです。

だから、子どもの家庭教育にとって大切な価値観を本書で学べます。

 

マザー・テレサは「世界平和のために、われわれはなにをすべきですか?」と問われ、こう答えました。

「家に帰って、家族を大切にしてあげてください」。

 

僕は、パパとしてこの言葉にめちゃめちゃ共感しました。

是非、読んで欲しい1冊。

 

子育て本を読むメリットは子育てが楽に、楽しくなること

子育て本を紹介してきましたが、これらを読むメリットって何だと思いますか?

読むメリットは子育てが楽に、そして楽しくなることです。

子どもって本当に可愛いけど、子育ては大変。

子どもが産まれる前より圧倒的に自分の時間が減る。

ちゃんとした睡眠すらままならない。

保育園がはじまると、1日乗り切るだけで精一杯の日が続く。

これが大変だと感じる1つの理由は、子育てが全ての親にとって初めての経験のためなんですね。

誰だって「慣れた仕事」より「初めての仕事」の方がストレスがかかります。

今までに、学校で「子育ての体験授業」を受けていませんよね。

だからこそ、子育て本の知識で確実に楽に、楽しくなる。

もちろん、本の予想通りになんていきません。

それでも育児本で知識を入れることは、きっとあなたの家族が明るくなりますよ。

 

まとめ

今回紹介した子育て本で、「子育てが楽になった!」と少しでも感じてもらえると嬉しいです。

 

最後に。

GAFAのうち、3社の創始者に関連しているモンテッソーリ教育。

教育的な子育ての悩み、特に2歳(イヤイヤ期)の子育ての悩みを解消するヒントになりました。

また、パパママは時間が無くなるので、オーディオブックがめちゃめちゃ便利。

こちらについて関連記事で挙げておきます。

ここまで、読んで頂いてありがとうございました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です